×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハードディスクのデータ修復データ復旧データ復元について解説します。

データ修復 データ復旧 データ復元 ハードディスク


ハードディスクはパソコンの必須装置

データ修復
ハードディスク(HDD)
 ハードディスク(以下HDD)は「固定ディスク」とも呼ばれ、データを記憶する装置です。
パソコンを開けると、15(縦)x10(横)x2.5(厚さ)cmくらいの装置を見付けることができます。それがHDDです。

ワープロ文章やデジカメで撮った写真など、各自作成したファイルだけでなく、
WindowsやLinuxなどのOSもこの中に記録されており、HDDはパソコンにはなくてはならない装置です。

 HDDは、あなたのパソコンの中にも入っています。


HDDは壊れやすい

データ復旧
ディスク-ヘッド間は微細
 このように、パソコンになくてはならないものですが、非常に壊れやすいものです。
パソコンに関して「クラッシュ」という言葉を聞くことがあると思いますが、
これはHDDが「壊れてしまう」ことを意味します。
データを記録している装置が壊れるわけですから、
Windowsが起動しないばかりか、作成したデータも読み出せなくなります。

HDDのディスク面とヘッドの間には煙の粒子が入ることができないほど狭く、非常に精密な機器です。
衝撃、静電気、熱など、雑に扱えば壊れてしまいます。

 HDDは精密機器であり、壊れやすいものです。


HDDは消耗品である

データ復元
モーターがあるので磨耗する
 では、丁寧に扱えば壊れないかというと、そうではありません。
モーターという回転機構がありますから、使い続けると劣化し、いつかは必ず壊れます。
HDDが動くのは、あなたがファイルを開いたり保存している時だけではありません。
パソコンの電源が入っている間は、HDDはずっと回転しているのです。

このような「壊れやすく、且つ消耗品」であるHDDに、大切なデータを預けているのです。
パソコンを扱う人間は、例え初心者でも、そのことを認識しておかなければなりません。

 消耗品であるHDDに、大切なデータを保存しているのです。


HDDは修理できない

データ復活
分解した時点でホコリが入る
 壊れるのは機械だから仕方がない。壊れたら修理したら良いだけの話だ。
と思っておられる人もいるでしょうが、HDDは基本的に修理できません。

先述のように、非常に精密な装置ですから、修理しようと分解した段階でホコリが入り、使えなくなります。
ですから、パソコンメーカーの保証期間内でも、HDDの故障の場合は修理ではなく交換となります。
この場合、修理センターでHDDを交換し、リカバリされることによって購入時の状態に戻りますが、
後で追加したデータ(インストールしたソフト、メール、デジカメの写真など)は戻りません。
貴重なデータは戻らないのです。

 HDDは修理できず、大切なデータは戻りません。


データのバックアップを怠らないこと

HDD復活
DVD-RAMへバックアップ
 以上のように、HDDは危険な装置です。
パソコンを使う以上、データを失う可能性は皆にあるのです。
そこで、よく言われるのが「バックアップ」。
これは、データを別の媒体にコピーしておくことです。
昔はフロッピーディスクですが、それでは容量が小さいので、最近はCD-RやDVD-Rが使われます。
別のメディアにデータを退避しておけば、HDDが壊れてもバックアップしたデータは残るわけです。

こまめなバックアップが必要なのですが、必要とは分かっているものの、
面倒であるためにバックアップを怠り、データを失う人は後を絶ちません。
パソコンに精通している人間でも、それは当てはまります。

 突然のHDDのクラッシュに備え、バックアップを行いましょう。


クラッシュは突然訪れ、データを失う

データリカバリー
チップの焼損
 パソコンが普及している現在、HDDは危険だからといって、HDDを使わないわけにはいきません。
ほとんどのオフィスでパソコンが使われており、1人1台でしょう。

仕事の資料作成中に、突然のクラッシュが発生。

中には計画書や議事録、顧客とのメールが入っていた。

バックアップもしていない。どうするのか?

 失ったのが個人のデータであれば、重要度に応じて諦めることもできるでしょう。
しかし、重要な仕事のデータであれば、データを失ったことによる損失が大きいため、
諦めることはできません。どうするか...
このような時に「データ修復業者」にデータ修復を依頼するという手があります。

 データ修復業者に依頼すれば、データが戻る可能性があります。


データ修復(データ復旧、データ復元)業者とは?

データ復旧 修復 復元
データ修復を依頼したHDD
 文字通り、壊れたHDDからデータを取り出す業者です。データリカバリー業者とも言われます。
先述のようにHDDは精密機器ですから、データ修復には
ホコリを避けるためのクリーンルームなど、高度な施設や技術が必要です。
ですから、データ修復には相応の費用が掛かります。
データの価値を考え、データ修復を依頼するかどうかを考えましょう。
HDDの故障によりデータを失う人が多いためか、
以前は数社であったデータ修復業者も、最近はかなり増えています。
それに伴ない、データ修復費用も下がってきました。

しかし、安いだけで業者を選定することは危険です。
費用が安くても、肝心のデータが戻らなければ、何の意味もないのです。

 目的はデータが戻ること。データ修復業者に依頼することではありません。


データ修復業者を選定する

 データ修復を依頼する前に、データ修復業者の情報を集めましょう。
業者のホームページで、情報を分かりやすく公開しているはずです。

データ修復に必要な費用はもちろんですが、見積、納期、対応、そして施設や技術、
さらには過去のデータ修復実績を公開しているところもあります。
情報を収集した上で比較検討し、納得できるデータ修復業者に依頼することが重要です。

 納得できるデータ修復業者にデータ修復を依頼しましょう。


データ復旧ソフトを使う

ハードウェアには問題がないが、ファイルをゴミ箱に入れたなどでファイルを失った場合は、
データを復元させるソフトデータ復元できる可能性があります。

それらのソフトは、HDDに対してだけでなく、SDカードなどの記録メディアにも対応しているものがありますので、
デジタルカメラの写真を誤って消してしまった場合でも復元できます。
実際に、私もそのソフトでデジカメの写真を復元することに成功しました。
インストールしたソフトを失った場合は入れ直せば済みますが、写真は二度と撮り直すことができません。

ソフトの価格は数千円程度と安価ですので、手元にデータ復元ソフトを常備しておくと、
いざという時に慌(あわ)てることもないでしょう。

 不慮のデータ消失に備え、データ復元ソフトを常備しておきましょう。